実態調査!生活の中の育児の割合

実態調査!生活の中の育児の割合

私の生活の中の育児の割合の過去と現在

なかなか子宝に恵まれず諦めかけていた矢先の妊娠は、私達夫婦にとってはまさに奇跡のようなもので、生まれてくるわが子をとても楽しみに待っていました。生まれみると、目に入れても痛くはない言葉通り、本当にいとおしくかけがえのない存在だと心から思いました。しかし、育児というものに関して初心者の私達夫婦は、全てのことが初めてで右往左往してしまいました。今まで私達の生活の中にはいなかった存在のものが突然やってきたということは、楽しくもあり驚きの連続でした。我が家は猫を飼っていたのですが、その猫にとっては自分の生活を脅かす危険な存在だと、私達の子どもに対して思っていたことだと思います。最初は遠巻きに見て、全く近づかず様子を伺っていましたが、それでも危険人物ではないということを理解したようで、その後は赤ちゃんの寝ているベッドに飛び乗り、一緒に寝ていたりとなんだか自分がお姉ちゃんのように振る舞っていたのは、とても微笑ましい思い出です。

そんな慌ただしかった育児ですが、子どもが大きくなり自分の事が出来るようになるにつれて、楽になってきました。何をするにも時間がかかり、自分のことは後回しにしなければならなかった生活から徐々に、私自身の時間も持てるようになっていきました。嬉しい反面、なんだか寂しい気持ちもします。ただ、ここで上手に親が子離れをしないといけないなという気持ちもあり、自分自身、何か夢中になれることを始めた方が良いのではないかと思うようになりました。生活のほぼ全てを育児に費やしていた私ですが、これからは方向転換をして自分が楽しめるものを探そうと思っています。

また、これからは教育費にお金がかかるようになるため、金銭面でのサポートが更に必要になってくると思います。そのため、今まで専業主婦でいた私ですが、仕事を探して家計をサポートできたらいいなと思い、求人広告とにらめっこの日々を送るようになりました。育児から上手に卒業できるよう、自分の生活も大切に出来る日々を送って行きたいと思います。
関連サイト