実態調査!生活の中の育児の割合

実態調査!生活の中の育児の割合

育児をしている生活にはやりがいもあります

私は、専業主婦です。結婚をする前は仕事をしてました。その頃は、専業主婦になって子育てをする生活は、それほど大変な事だとは思いませんでした。私が子育てをする立場になってみると、育児の大変さがよく分かるようになりました。親も一緒に成長するという意味も分かりました。私には二人の子供がいます。二人共まだ小さいです。よく二人は喧嘩もするし、わがままです。義理の母に、私の教えが悪いと言われる事もあります。そういう時はかなり落ち込みます。私自身、自分の時間も大事にしたいのですが、今は子育て中なので、そうはいきません。私だって自分の時間が欲しいし、遊びにも行きたいとは思います。でも、いざ子供たちを義理の母に預けて、私の自由の時間が出来ても、最初は楽しいのですが、だんだん何をして良いか分からなくなります。結局、私は子供たちといる時間が好きだと気づくのでした。

私の主人は良く子供の面倒を見てくれる、優しい人です。オムツを替えたり、子供たちをお風呂に入れたり、自ら進んでやってくれます。もし、こういう主人ではなかったら、私は、わがままな子供達により、育児ノイローゼになっていたと思います。子供達がまだ1,2歳の時に主人は会社を辞めていて家にいました。その頃が一番大変な時でしたので、主人が子育てを手伝ってくれて随分助かりました。子供達は、優しい寛大な心で接すると答えてくれます。ある意味、私次第で、子供達の性格が決まってしまいます。私は、イライラしないで大らかに子供たちに接するようにしています。そして、子供達には心の優しい子に成長して欲しいと願っています。
関連サイト